終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

自殺された方の葬儀や手続き

自殺された方の葬儀や手続き
  • [投稿] 2019年08月13日
  • [更新] 2020年09月24日

葬儀は一般的に何らかの理由で亡くなってしまった人に対して行われるものであり、亡くなられた理由に関係なく一通りの内容が行われるものだとされています。ただその中でも自殺してしまった方の葬儀は非常に難しいと言われているのですが、今回はそんな自殺された方の葬儀や手続きについて、その難しさなどを含めて解説していきます。

自殺者の統計と年次推移

日本国内の自殺者は2018年のデータではおよそ2万人とされており、特に40代・50代・60代の中高年の自殺者が多い傾向が見受けられています。
若い世代の場合は学校や家庭環境が原因とされているものが多く、20代以降になると男女の問題や経済・生活などの事情、そして30代以降になると健康問題などを理由に自殺する人が増えている傾向がみられます。また自殺するのは女性よりも男性の方が2倍以上も多い傾向があり、深刻な社会問題として取り上げられています。

このような日本の自殺者の統計に関しては、戦後から2万人を超えているという結果が残っています。特に1990年代後半から経済の不況や男性の家事参加強要などのジェンダー議論、そしてうつ病に対する新薬が始まったことなど様々な要因が重なった結果、自殺者の統計が3万人を超える時期もありました。さらにリーマンショック以降は悪化する経済状況を要因とした自殺も増えてきたようで、毎年高い数値のまま自殺者の数が更新されているというのが現状です。

自殺者の葬儀は難しい

葬儀社では様々な理由で亡くなった方の葬儀を取り扱っていますが、その中でも自殺された方の葬儀は比較的難しいと言われています。その理由としてまず挙げられているのが、自殺者の葬儀に関する経験やノウハウが少ない点です。

日本での年間死亡者数は毎年およそ120万人程度とされており、その中で自殺者の割合はおよそ3パーセント程度となっています。このため自殺者の葬儀を取り扱う機会がそこまで多くない上、自殺そのものが特殊な死亡例なので、他の方と同じような葬儀をして良いのかわからない、どのような葬儀をすればいいのか解らないという葬儀社が少なくないようです。

また、自殺者の葬儀は自殺発見後から数日の間に執り行われることが多く、一般的な葬儀と比較すると葬儀までの期間が短くなっています。その間は遺族の方々も混乱した状況にありますし、落ち着いて葬儀の段取りなどもできないため葬儀社側のストレスも非常に大きいとされています。このため葬儀社側としては遺族の心の傷をこれ以上深めないようにすることしかできず、お互いに納得のいく葬儀にすることが難しいと考えられているのです。

このように様々な理由で自殺者の葬儀は難しいとされているため、葬儀を検討している遺族はその点を踏まえて葬儀社と打ち合わせをしなければいけません。

自殺者の葬儀の流れ

自殺者の葬儀の流れは、まず自殺された方の遺体が発見されるところから始まります。遺体が発見された後は警察による検視が行われ、その間に葬儀社や遺族に連絡が入る仕組みになっているのです。ちなみに検視が行われている間は遺体を引き取ることができないため、死因が確定するまでの間は何らかの手続きをしたり、自殺された方の部屋の片付けをしたりします。、また、葬儀社との打ち合わせをすることもあります。この打ち合わせでは参列者に対して自殺であることを隠すのかどうかを決めることができるため、自殺した事実を隠したい場合はその旨をきちんと葬儀社に伝えておくことが大切です。

そうして検視が終わった後は葬儀社に遺体の処理をしてもらい、何らかの損壊が見受けられる場合はエンバーミングなどの処置をしてもらいます。こうすることで自殺された方の尊厳を守ることができるのは勿論、遺族の心の傷を深めないようにすることができるのです。

【合わせて読みたい】
検視が必要な場合とは?検視と検死の意味の違いや検視を行う方法や費用

あとは打ち合わせた通りに通夜と葬儀、火葬を行います。この時一般葬を希望していれば故人との時間をゆっくり作ってもらうこともできますし、家族葬を選択していれば他の人に知られることなく手短に葬儀そのものを済ませることも可能です。

葬儀後にやること、手続きなど

自殺された方の葬儀が終わった後は、ほかの理由で亡くなられた方と同じように保険関係の手続きや住居に関する手続きなどを行う必要があります。特に住居に関して自殺の場合は突然の出来事なのでなかなかスムーズに手続きができなかったり、料金の支払いに関して遺族が負担しなければいけなかったりするケースが多いです。また自宅以外の場所で自殺をしていると、場所や内容によっては損害賠償を請求されてしまう可能性もあります。そのような場合も遺族が負担しなければいけないため、注意が必要だとされています。

【合わせて読みたい】
【徹底解説】葬儀後に必要な手続きを一覧にして解説しました。

それ以外に遺族がやらなければいけないこととして挙げられているのが、心の整理です。事故死や病死のように突然身内に死が訪れる自殺の場合、葬儀が終わってからもなかなか心の整理がつかないという遺族が少なくありません。このため時間はかかりますが、少しずつ心の内をどこかに吐き出しながらゆっくり気持ちを整理していくことが必要なのです。

まとめ

他国と比較すると高い水準にある日本の自殺者の葬儀は、経験していない葬儀社が多いことや慌ただしい流れとなることから難しいとされています。その中で遺族は、自殺された故人の尊厳と自分たちの心の傷を守りながら葬儀を行う必要があります。葬儀社に相談や心の内を吐き出しながら、落ち着いて対応していくように心がけましょう。

■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (6 投票, 平均: 3.67 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート