亡くなってからの日数と法事・法要の案内状を送るタイミング

[投稿日]
2017年10月06日
[最終更新日]
2020年09月10日

基本的には、親族以外にも案内状を送付するのが通例になります。七回忌、及び十三回忌以降については、親族のみで営まれるケースが増えてきているようです。
送付状を受け取った方が参加しやすいよう、法要を行う日が決まったタイミングで、早めに送付状を送付するように準備をしましょう。

  法要の名称 時期



初七日(しょなぬか) 7日目
二七日(ふたなぬか) 14日目
三七日(みなぬか) 21日目
四七日(よなぬか) 28日目
五七日(いつなぬか) 35日目
六七日(むなぬか) 42日目
七七日(なななぬか)四十九日(しじゅうくにち) 49日目
百箇日(ひゃっかにち) 100日目



一周忌 (いっしゅうき) 満1年目
三回忌 (さんかいき) 満2年目
七回忌(ななかいき) 満6年目
十三回忌(じゅうさんかいき) 満12年目
十七回忌(じゅうななかいき) 満16年目
二十三回忌(にじゅうさんかいき) 満22年目
二十七回忌(じゅうななかいき) 満27年目
三十三回(さんじゅうさんかいき) 満32年目
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客様の理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-698
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒