終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

平服(へいふく)とは? お別れの会や法事に着ていく平服について

平服(へいふく)とは? お別れの会や法事に着ていく平服について
  • 2021年05月31日

冠婚葬祭や法要の招待状に、「平服でお越しください」と書かれていることがあります。わざわざ「平服」と書いてあるので、フォーマルな正装ではないことはわかるのですが、かといって普段着でいいということではないでしょう。その加減が分からない方は多いかと思います。

今回は、別れの会、法事などの弔事に出席するにふさわしい平服とはについて解説します。結婚式や就職活動の際の平服とはまた少し異なります。

平服とはどんな服装?

平服は普段着ではありません

「平服」という言葉は、ふだんの生活ではほとんど使われることがありませんが、文字通りに説明すると「普段から来ている服=普段着」となります。しかし、実際にこの言葉が使われるのは、その多くが結婚式やお葬式などの冠婚葬祭や就職活動のときです。

さすがにその時に「平服で」と言われても、Tシャツにジーンズという普段着で行かれる方はいないでしょう。こうした時の平服は、普段着ではないからです。

冠婚葬祭の場合の平服は、「本来なら礼服や礼装で出席するがそこまでの服装でなくても良い」程度のニュアンスです。
結婚式なら少し簡易な略礼服、法事などの弔事では軽装の略喪服を示します。そんな場所に普段着で行ってしまったら、ひとりだけ場違いな服装で浮いてしまうことになります。

それなら最初からそう知らせて欲しいと思われるかもしれませんが、「平服でお越しください」とは、呼ぶ側が「そこまできっちりとした服装でなくても大丈夫です」という参加者への気遣いの言葉なのです。

喪服の種類

ここでは平服について詳しく説明する前に、喪服の種類を簡単にまとめておきます。

正喪服

もっとも格式の高い喪服で、喪主などの葬儀の主催者側が着用します。ただし現在では和装やモーニングを着用する人は減り、次の準喪服が喪服の標準になっています。

準喪服

男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルと呼ばれる、現在もっとも一般的な喪服です。喪主や親族だけでなく三回忌までは、特に「平服でお越しください」と注記がない場合、法事も参加者はこの準喪服を着ます。

略喪服

「平服でお越しください」と案内がある場合の平服は、この略喪服にあたります。詳しくは、以降の平服の記事を参照ください。


法事・お別れの会での平服

法事での平服

仏教の法事では、三回忌までは「略喪服」を、それ以降はそれよりもカジュアルな地味目の服装でよいとされています。

三回忌の次の法要は七回忌になります。この時も遺族の服装は略喪服ですが、それ以外の方は地味な服装であればOKです。具体的には、男性はネクタイや靴下、靴の色は黒以外でもOK。女性も派手なものでなければOKになります。
葬儀の場合は「平服で」とあっても、喪服で行かれる方が多いようです。

お別れの会での平服

一方、近年増えてきている「お別れの会」や「偲ぶ会」では平服を呼びかけることも増えています。葬儀を少人数の家族葬などで行った後に、それ以外の友人や知人に広くお別れの席を設けることがあります。その時の案内に「平服でお越しください」と書かれている場合があります。

お葬式の場合は喪服で出席するのが礼儀ですが、こうしたお別れの会の場合は、略喪服、あるいは会場の雰囲気に合わせてカジュアル過ぎない服装で出席するといいでしょう。

男性の平服

ここでは一般的な男性の「平服」について述べましょう。
基本は黒やグレー、ダークグレー、紺などの色でまとめます。喪服との違いは、無地の黒一緒でなくても地味な色調のものであれば良いということです。お洒落さを感じさせるような光沢感のあるものは避けます。

女性の平服

正装である喪服との違いは、黒以外の色でも着られること。ただしダークカラーのものに限ります。また、ヘアスタイルについても華美にならないように注意しましょう。

子どもの平服

子どもが学生で制服がある場合は、学生服が正装になるのでそれを着ます。その場合、制服の色が黒でなかったり、チェック柄があっても問題にはなりません。
制服がない学校の場合は、白いシャツに黒やグレーのズボンやスカートを基本にします。

就学児以前なら白シャツに黒やグレーのスボンやスカートで。キャラクターなどの絵柄が入っているものは避けましょう。

平服の場合のNG例

「平服で」と指定がなくても、基本的には法事の時には以下のような服装は避けるのが常識です。

  • ・派手な色や柄の服装
  • ・Tシャツにジーンズなどのカジュアルすぎる服装
  • ・露出が多い服装
  • ・殺生を連想させる革製品やアニマル柄の服装やアクセサリー
  • ・派手なアクセサリーや髪型
  • ・三回忌の法要までの男性のノーネクタイ
  • ・一回忌までの法要の女性のパンツスーツ

平服のまとめ

法事や法要の場合、平服と言っても普段着ではないことはお分かりいただけたでしょうか。黒一色の喪服でなくても、基本的には故人やご遺族に対しての敬意を示す服装です。平服と聞いて気が緩み、周囲から浮いてしまう服装では失礼になってしまいます。お別れの会では、他の出席者の顔ぶれなども参考に服装を考えましょう。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4 投票, 平均: 4.25 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

四十九日法要や年忌法要にてお坊さんをお手配します

クレジットカード払いにも対応

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-706
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート