終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

檀家を離れる”離檀”の方法・費用・トラブル回避策

檀家を離れる”離檀”の方法・費用・トラブル回避策
  • [投稿] 2018年06月14日
  • [更新] 2021年05月06日

檀家とは、特定のお寺に所属している家のことをいいます。檀家は所属する寺に、葬祭や供養を全て任せるかわりに、お布施をもって、お寺をサポートするという関係になっています。

最近は「跡継ぎがいない」「引っ越しをするので菩提寺が遠方になる」「自分の好きな寺に変わりたい」など様々な理由で檀家を辞めたいと考えたり、実際辞めたりする方が増えています。

▼詳しい内容と手配方法▼

檀家を離れる”離檀”とは?

檀家を離れるということは、所属していた寺の所属をやめる、お寺との付き合いをやめる、ということです。「お寺との付き合いは、もともとない」と考える方もいるかもしれません。ですが、お寺の管理地にお墓を置いているということは、そのお寺との付き合いがあるということになり、檀家をやめる場合は、お墓も撤去・引っ越しする必要があります。

江戸時代以降、市民はどこかの寺の檀家になるよう制度付けられていましたが、現代では、檀家制度を廃止し、檀家を持たず会員制にする寺もあるようです。

過疎化や少子化などの理由で、家の宗教や仏壇を継ぐ人がおらず、檀家を離れるというケースや、「宗教を変えたい」「無宗教になりたい」などの理由から檀家を離れるケースもあります。

▼詳しい内容と手配方法▼

檀家をやめる・抜ける”離檀”の方法

おぼうさん
お寺は、檀家からのお布施で運営されているようなもの。檀家の数が減ることはお寺にとって好ましくありません。ですが、きちんとした理由があれば、お寺も納得するでしょう。檀家を辞めたいと考えたら、まず、お寺の住職に離檀の理由を述べて相談しましょう。十分に話し合い、これまでお世話になったお礼として離檀料をお支払いします。
 

お墓の移転が伴う場合は、お墓の移転先や、移転の時期についての話し合いも行いましょう。遺骨を別の場所へ移動する場合は、市町村が発行する改葬許可証が必要です。予め手続きを済ませておきましょう。

お墓を移す時の詳しい説明はこちらをご参照ください

離檀料の費用相場

檀家をやめる際の離檀料の相場は、10~20万円です。これまでお世話になった感謝のお布施として、お支払いします。

高額の永代供養料をとるお寺の場合は、これより高額な離檀料が相場と考えられます。

離檀にまつわるトラブル事例と回避策

ある日突然、離檀するとお寺に話をしたり、もともとお寺と揉めていたりする場合、高額な離檀料を請求されてしまうことがあります。お墓を移転させる場合、証明書に記入してもらう必要もあるため、お寺を無視することもできません。

しかし、離檀料を支払わないことで、離檀を認めない、というのは、憲法に定められた宗教の自由に違反することになります。

相場からかけ離れた離檀料を請求された場合は、役所の担当者や、法律家に相談してみましょう。離檀料は、法律で定められたものではなく、任意で支払うものです。
また、各宗教の本山も離檀料をとることを認めていないので、本山に相談するのもひとつの手です。

「宗教を変えたい」「無宗教になりたい」「菩提寺の住職との相性が悪い」このような理由の場合は口に出さず「お墓の面倒をみる人がいない」「跡継ぎがいない」「嫁ぎ先の宗教に変える必要がある」など、お寺が納得しやすい理由をつけて早めに相談をするのが円満に離檀する秘訣です。

お寺と疎遠になっていた場合は、お寺の管理費などの滞納がなかったか、供養をお寺に任せきりになっていなかったか、離檀を申し出る前に確認してから相談するようにしましょう。

まとめ

葬祭

離檀にお墓の移転が伴う場合は、費用や手配、お寺との交渉など手間がかかります。ですが、これまでお世話になったお寺に対しての感謝の気持ちを忘れずに交渉するようにしましょう。

トラブルを回避するために、寺へ申し出る際は突然、離檀したいと伝えるのではなく、ご自身の置かれている状況を住職へ相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

それでも万が一法外な離檀料を請求された場合は、法律の専門家、場合によってはお寺の宗派の本山に相談してみてください。

檀家制度についてはこちらをぜひご参照ください

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (21 投票, 平均: 4.62 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート