終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

天台宗の仏像・位牌・仏壇について

天台宗の仏像・位牌・仏壇について
  • 2021年05月07日

天台宗では御本尊と脇侍に関しての見解は様々であり、寺院や宗派によって違いがあります。
とはいえ、一般家庭においては阿弥陀如来を御本尊に、伝教大師と天台大師を脇侍にお祀りするのが主流です。
ただし阿弥陀如来像に関しては仏像、掛け軸共に、天台宗では座弥陀と呼ばれる座った姿をお祀りします。

お仏壇は特に決まりも無く、唐木仏壇の他、モダンなタイプの仏壇を選んでも構いませんが、浄土真宗で使われるような金仏壇は好ましくありません。
サイズは最上段に安置する仏像や掛け軸の大きさに留意して選びます。

天台宗の御本尊と脇侍 – 阿弥陀如来の仏像や掛け軸の選び方と祀り方

天台宗の御本尊は「阿弥陀如来」が置かれる例が多い

御本尊とは仏教寺院や仏壇における仏像や仏塔など、最も重要な信仰の対象として安置されるものを指します。平安時代初期、最澄によって日本へ広められた天台宗では、御本尊は各寺院や宗派の方針のもと、阿弥陀如来や釈迦如来など様々な解釈でお祀りされており、唯一の決まったしきたりはありません。

延暦寺根本中堂では釈迦如来、横川の横川中堂では観音菩薩が御本尊とされています。ただ、一般家庭のお仏壇では「阿弥陀如来」を御本尊としてお祀りする例が多いようです。

また阿弥陀如来像は、他の宗派でも御本尊とされることがあります。天台宗においては、お祀りする阿弥陀如来像は、座弥陀と呼ばれるお座りになった姿の像となりますので、この点は注意が必要です。

一方、浄土宗や浄土真宗も阿弥陀如来像を御本尊にお祀りしますが、こちらは立ち姿の像となります。お仏壇に安置する場合は、最上段の中央部にお祀りします。

伝教大師と天台大師が天台宗の脇侍

御本尊の左右には脇侍(わきじ、きょうじ)をお控えさせます。脇侍は御本尊が人々に教えを説き、仏の道へと導く、いわゆる教化の際の補佐です。天台宗においては「伝教大師」と「天台大師」を脇侍とします。

向かって左側に伝教大師を、右側に天台大師を安置します。伝教大師と天台大師はよく似ているため、判別がつきにくいこともありますが、御本尊に向く形に配置すれば間違うことはありません。

また、阿弥陀如来を御本尊とする場合、金剛法・金剛利・金剛因・金剛語の四菩薩を東西南北の脇侍とすることもあります。かつては比叡山東塔常行三昧堂に、この四菩薩が安置されていたようです。

観音菩薩や薬師如来の場合、毘沙門天と不動明王を脇侍とします。一般家庭のお仏壇や掛け軸等に限定すれば、御本尊を阿弥陀如来、脇侍を伝教大師と天台大師とした三尊形式が、最も広く好まれています。

仏像・掛け軸はどちらを飾っても良い

仏像と掛け軸のどちらを飾れば良いかは大変迷うところではありますが、どちらを飾ったとしても宗教上の問題はありません。お仏壇の飾るスペースや予算、生活スタイルなどを考慮し、最も適した形式を選びましょう。

一般的には、中央にお祀りする御本尊を木像、左右の脇侍を紙製の掛け軸と選ぶ方が多い傾向にあります。この場合、たいてい木像の御本尊の方が高価となりますが、掛け軸が木像より劣るということでもありません。

もちろん御本尊を掛け軸にすることも可能であり、脇侍と合わせた三尊で統一感を出すのも良いでしょう。仏像を安置すれば、その立体感から重厚で威厳のある空間となりますし、掛け軸の落ち着いた雰囲気もまた厳かな佇まいとなるでしょう。

どちらにしても、伝統的な製法のものから、現代の生活空間に置きやすい機能やデザインのものが、近年増えてきています。

仏像を表すサイズには台座が含まれていないので要注意

仏像のサイズ表記は、特有のものとなっています。仏像を購入する場合、このサイズ表記を理解した上で、大きさを確認する必要があります。仏具店では、高さを尺貫法を用いて表します。尺貫法とは大きい方から丈・尺・寸・分の単位を用い、丈が3.03mでそこから尺寸分の順にと10分の1の長さとなる計測法です。

特に一般的な仏具で用いるのは尺と寸で、1尺は30.3cm、1寸は3.03cmとなります。購入の際に提示してあるサイズは、この尺貫法で台座を抜かした長さのことです。

仏像には阿弥陀如来像や釈迦如来像が鎮座する台座や光背が付いています。高さや幅を考えるときは、表記されている仏像のサイズに、台座や光背のサイズを必ず加えます。買い替え前にお祀りしていた仏像も、この表記となっている場合が多いので、買い替え時も忘れずに台座や光背の長さを足して確認しましょう。

阿弥陀如来の仏像と掛け軸のサイズの選び方・祀り方のポイント

仏像を選ぶ際は、その仏像や掛け軸と、安置する予定の仏壇の両方の高さを確認することに注意しましょう。自宅の仏壇本体の高さからイメージしてしまいがちですが、御本尊を安置するのはその最上段部分です。底部から天井部の高さではなく、最上段と天井部の高さを確認します。

掛け軸は自立できるスタンドタイプと、本体のみで別のスタンドやピンで留めるタイプがあります。自立できない本体のみのタイプを購入する場合、実際に吊るす高さを考慮しなくてはなりません。ここでは吊るす紐の長さも忘れずに加えて計算しましょう。

また、御本尊を仏像に、脇侍を掛け軸にする際は、掛け軸が御本尊より長くならないようにします。特にスタンドタイプは、思いのほか高くなりがちですので、細心の注意が必要です。御本尊の少し下の位置に脇侍を配置するのが、好ましいお祀りの形です。

天台宗のお仏壇の種類やデザイン・色やサイズの選び方と注意点

天台宗の仏壇タイプに決まりは無い

初めてお仏壇を購入する場合、どのタイプを購入すればよいのか迷ってしまうことが懸念されるわけですが、実は天台宗の場合ですと特に選ばなければならない仏壇のタイプは決まっていないため比較的自由に選択して仏壇選びができます。他の多くの宗派と同様に気負うこと無く部屋の雰囲気になっちしたお仏壇を選ぶと良いでしょう。

通常であれば和室に設置する場合には唐木を用いたものを選べば間違いありませんし、洋室に設置するのであれば部屋の雰囲気にな馴染むモダンタイプのものや家具調タイプのものを選んでおけば間違いはありません。あくまでも部屋の雰囲気を損ねない自然なタイプのデザインと色を選ぶように心がけましょう。

色選びなどで頭を悩ませる人も多いでしょうが、お仏壇選びにおいて重要なのは部屋の雰囲気と合っているかどうか、そして形とサイズです。これらのポイントさえ抑えておけば基本的にどの色を選んでも大きな失敗はないため気負わずに自分が好きな色を選ぶと後に後悔してしまうリスクを最小限に抑えることができます。また必要なものをセットで販売している業者を利用するとより失敗のリスクを軽減できます。

店舗で買う時は「天台宗です」と伝えればスムーズ

初めてお仏壇を専門店で購入する際におすすめしたいのが宗派が天台宗であることをスタッフに告げることになります。専門店の多くではお仏壇本体にご本尊に脇侍、お位牌と仏具がセットでお得な価格で販売しているので、最初に宗派を伝えることでお得で便利なものを紹介してくれるのです。

今日ではコンパクトタイプのものも販売されているので設置を考えている部屋の雰囲気やスペースも合せて伝えることで初心者でも無理なく最適なお仏壇選びができると考えられます。

またインターネット通販を利用して購入しようと考えている人も多いでしょうが、ネットを利用する場合にはカテゴリー検索を行ってモダンタイプのものや唐木タイプのものを選択して問題ありません。

店員さんに直接相談できないデメリットこそありますが、ネット通販の場合店頭窓口よりもリーズナブルな価格で購入できる可能性が高いですし、お得なセットを解説付きで販売しているケースも多いので初心者でも無理なく購入できると捉えられるのです。加えて購入前にはあらためて設置するスペースの採寸をしておくことをおすすめします。

天台宗において金仏壇は選ばれない

天台宗では絶対的な決まりはないため比較的自由に仏壇選びを行うことができますが、唯一気をつけなければならないのが金仏壇を選んではいけないということです。

金仏壇が絶対に行けないというわけではありませんが、このタイプの仏壇は一般的に浄土真宗で用いられるお仏壇であり、今日の天台宗ではほとんど用いられていない実情があるので特にこれから初めてお仏壇を購入する場合には避けたほうが無難と考えられるのです。

天台宗の場合はモダンタイプのものや唐木タイプのものを選択するのが間違いありませんし、これらのタイプのお仏壇は多くのお店で取り扱いのサイズや種類が豊富なので購入しやすいメリットもあります。

また天台宗ではご本尊にも特に決まりはないためどのご本尊を選んだら良いのか迷ってしまうことが懸念されますが、もしも迷ったときには釈迦如来を選択しておけば間違いないと考えられます。

細かな点に悩む必要などはありませんが、金タイプのものを選ばないようにすることと、全体のサイズとバランスをよく考えることが大切になるので、このことを肝に銘じておきましょう。

置く部屋と予算に見合う仏壇を選ぶのがベスト

お仏壇は一度設置した後は簡単に動かすことができませんし、基本的には毎日祀るものですから、公開のリスクを軽減するためにも部屋の雰囲気と合っているかどうかをよく確認することや家計に負担をかけすぎないように予算にあったものを選ぶのが大切と考えられます。

宗派によっては細かくルールが決められていることもありますが天台宗は自由度が高く、例えばお仏壇本体の設置方法は床置きでも良しとされていますし、上置きでも良しとされているので部屋の雰囲気や広さに応じて柔軟な選択ができます。

加えてご本尊も釈迦如来が基本とされているものの、これも明確に定められているわけではなく阿弥陀如来や観音菩薩でも問題ないとされているので部屋の雰囲気や好みに応じて選択して問題ありません。

お位牌や仏具も同様に基本的には好みに応じて自由に選択して問題ありませんが、気をつけなければならないのが全体のサイズとバランスです。設置するスペースやお本尊のサイズを細かく計算し、計算した数値に基づいて専門知識を持つ店員さんと相談しながら選ぶと失敗の危険性が大きく下がります。

まとめ

天台宗は比較的自由度の高い宗派であり、設置するお仏壇には絶対的な決まりがないことから部屋の雰囲気に合った物を選ぶのがおすすめと考えられます。

モダンタイプのものや唐木タイプのものを選んでおけば間違いありませんし、専門店で購入すれば様々な形やサイズ、色の選択が可能となっています。なお比較的自由に選んで問題ありませんが、金仏壇は今日ではあまり用いられていないので金仏壇は選ばないように気をつけることが肝心です。

■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

位牌・仏壇の購入をご検討の方はこちら

よりそうでは、位牌・仏壇・仏具の販売を行っております。ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。

仏壇の売れ筋ランキング

位牌の人気ランキング

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-703
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート