仏壇の歴史 | 仏壇を持つ理由

仏壇の歴史 | 仏壇を持つ理由
[投稿日]
2020年08月03日
[最終更新日]
2020年09月16日

仏壇の普及

仏壇は、ご本尊様と、ご先祖様の位牌を安置し、お参りするための祭壇です。
私たちは、日々仏壇にお参りすることで、仏様を供養し、仏教への信仰を深めているのです。

いつ頃から仏壇が置かれるようになったのか?

奈良時代の天武14年(西暦685年)、天武天皇が「諸国、家ごとに、仏舎を作りてすなわち仏像及び経を置きて、礼拝供養せよ」と勅令を出されたと、『日本書紀』に記されています。

もっとも、ここで言う「家」とは、一般庶民の家ではなく、国司の庁舎を指していると考えられます。

現存する最古の仏壇「玉虫厨子(たまむしのずし)」

現代の仏壇のルーツと言われている「玉虫厨子(たまむしのずし)」は飛鳥時代のものです。現存する最古の仏壇と言われ、奈良の法隆寺に安置されています。

「厨子」とは、大切なものを安置するための、扉がついた入れ物のことです。玉虫の羽の美しい装飾が施されていることから「玉虫厨子」と呼ばれています。
黒塗りで金具の装飾があり、現代の「金仏壇」との共通点が見られます。

庶民が仏壇を持ったきっかけ

飛鳥時代に仏教が日本へ伝来し、国策に用いられるなどして発展しました。
しかし、当初は貴族階級のためのもので、仏壇もまた、庶民には縁がありませんでした。

仏教が庶民に広まったのは、鎌倉時代です。
さらに以前、室町時代中期には、浄土真宗の蓮如上人が各地を回り、仏教の信仰を広め、また、仏壇を持つよう門徒へと説きました。その教えが、庶民も仏壇を持つきっかけとなりました。
尚、現在、浄土真宗で用いられている金仏壇は、蓮如の説いた「お袖縋りのお文」の阿弥陀如来の姿が元になっていると言われています。

檀家制度の始まり

室町時代、蓮如のすすめにより、浄土真宗の門徒には仏壇が広まりましたが、他の宗派に普及したのは江戸時代に入ってからでした。
江戸時代初期、キリスト教の信仰を禁止した幕府は、すべての庶民に対し、“キリシタンでないことの証明”として、お寺の檀家になることを命じました。これを「寺請制度」と言います。
同時に、檀家には仏壇をもつことを義務付けたため、日本全土で仏壇が普及しました。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客様の理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

位牌・仏壇の購入をご検討の方はこちら

よりそうでは、位牌・仏壇・仏具の販売を行っております。ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。

仏壇の売れ筋ランキング

位牌の人気ランキング

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒