終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

仏壇にご飯をお供えする意味とタイミング

仏壇にご飯をお供えする意味とタイミング
  • [投稿] 2020年08月03日
  • [更新] 2021年05月07日


お仏壇にはご飯をお供えするのが一般的です。仏様やご先祖様は食べることはできないのに、どうしてご飯をお供えするのでしょうか。
また、その名称やお供えする意味、お供えする時間や下げる時間など、ご存知ない方も多いかと思います。

お供えするご飯に呼び名はあるの?

仏様にお供えするご飯は、仏教では「飲食(おんじき)」と言います。
一般的には、「仏飯(ぶっぱん)」「御仏飯(おぶっぱん)」「お鉢(おはち)」、浄土真宗大谷派では「お仏供(おぶく)」と呼ばれています。
地域や宗派によって呼び名が異なりますが、いずれも同じご飯のことを指しています。

どうしてご飯をお供えするの?

ご飯をお供えするのは、仏様に召し上がっていただくためではありません。
私たちが日々の感謝の気持ちを表すため、主食であるご飯をお供えするという意味があります。
動植物の命をいただいて日々を過ごすことが出来ることに感謝し、ご飯をお供えしましょう。

仏飯の上げ、下げのタイミングは?

ご飯をお供えするタイミングに決まりはあるのでしょうか。
実は、きっちりとした決まりはありません。
食事ではなく、感謝を伝えることが目的となるためです。
しかし、お勧めの時間があります。

仏飯をお供えするタイミング

朝炊いた最初のご飯を仏飯としてお供えします。
炊きたての一番のご飯をお供えするということはとても大切なことになります。
これは、仏様やご先祖様にとって、ご飯の湯気がご馳走になるためです。

いわゆる、ご飯を仏様にお供えするのは、ご飯を食べてもらうためではなく、
炊き立ての湯気を召し上がっていただくためとなります。

仏飯を下げるタイミング

一般的に、湯気が出なくなったら下げます。湯気が出なくなるのは、季節や部屋の環境にもよりますが、
だいたい15分〜30分程度で湯気は出なくなります。 厳密に言うと、お釈迦様の戒律で、午後は食事をしてはいけないという決まりがあったことで、お寺などでは午後にお供えはしませんので、小さなお寺さんとされている仏壇の仏飯も午前中(昼前までに)に下げるのが理想的です。

しかし、お仕事の関係などで午前中に下げることが難しかったり、お供えする時間も家庭によって異なったりしますので、家に戻られてからなどご自身の都合に合わせて下げて問題ありません。

お供えした仏飯は食べるの?捨てるの?

理想としては、仏飯は冷めて固くなってしまう前に下げて家族で頂くことをお勧めします。
しかし、下げる時間や衛生上の問題などから食べることを控えたい場合は、捨てても問題ありません。

また、お供えしているうちに固くなってしまった場合、ご飯を土に返すことは、良いこととされていますので、庭にいる鳥や虫に食べてもらっても良いでしょう。 なお、食べるために、ラップを被せて埃などが付かないようにしたいと思われるかもしれません。

しかし、ラップを被せてしまうことで、せっかくのご馳走が仏様やご先祖様に届かなくなってしまいますので、ラップをかけることは控えましょう。

仏壇にお供えするご飯は毎日炊かなきゃダメ?

1日1回炊いて、仏壇にお供えするのが理想的ですが、無理をする必要はありません。
ご飯を炊いた時に、炊きたて一番のご飯をお供えすれば良いのです。

ご飯の盛り方は?

お供えするご飯は、専用の仏飯器(仏器)に盛ってお供えします。 浄土真宗以外の宗派に関しては、特に盛り方のルールはありませんので、普段、私たちが食べる時と同じような盛り方をします。

浄土真宗も本願寺派(お西)と大谷派(お東)で盛り方が異なりますので、以下で詳しく説明します。

本願寺派(お西)の仏飯の盛り方

蓮のつぼみをイメージした盛り方となり、物販器にご飯を小高く盛ります。
蓮のつぼみのような形にするため、仏飯器にご飯を盛った後、しゃもじの背で形を整えます。

大谷派(お東)の仏飯の盛り方

蓮の実をイメージした「円筒形(えんとうけい)」の形にします。 この形にするためには、「盛糟(もっそう)」という仏器を使います。

盛糟にはサイズがありますので、仏飯器の大きさに合った物を選ぶ必要があります。

お供えするときの器は?

仏飯をお供えするときの器のことを、一般的には仏飯器と呼びますが、真宗大谷派では仏器と呼ぶのが一般的です。

また、仏飯器を置く台として仏器台があります。主に浄土真宗で使われており、浄土真宗以外の宗派では、
仏器膳を使うのが一般的です。

お供えする仏飯器の数は、お仏壇の大きさにもよりますが、浄土真宗以外の宗派の場合、正式には2個が主流となりますが、1個をお供えしていることが多いです。

浄土真宗の場合は、3つが主流とされています。 なお、仏飯器に関しては、宗派だけで無く、地域やお寺によって素材や色、紋などに関して、方針や決まりがありますので、きちんと確認してから購入することをお勧めします。

お供えするときの場所は?位牌や過去帳の前に仏飯をお供えするのは間違い!

仏飯は、ご本尊へのお供えなので、阿弥陀如来もしくは南無阿弥陀仏の
六字名号(ろくじみょうごう)の前にお供えします。大型のお仏壇の場合は、ご本尊の両脇にある「お脇掛(おわきがけ)」の前にもお供えします。

宗派宗教によっても違いがありますが、基本となるのは、浄水のとなりにご飯をお供えします。
供える位置は、向かって左側がお水、右側が仏飯となります。

仏壇のご飯に関する、よくある質問

仏飯に関して、よくある質問をまとめ、回答を載せました。日常生活の中に取り入れ、ストレスを感じること無く、毎日感謝の気持ちを伝え、お供えするための参考としてご活用ください。

Q1.我が家の朝食はパン食なのですが、その場合はパンをお供えしても良いですか?

A1.感謝の気持ちを表すことが一番大切なことですので、決してダメではありません。しかし、仏様のご馳走は湯気となりますので、可能な限り炊きたてのご飯をお供えすることをお勧めします。

Q2.仏器ではなく、故人が生前に使っていたお茶碗に盛っても大丈夫ですか?

A2.故人は既にこの世からあの世に行かれていますので、この世で使われていた器を使うことは控えましょう。
最後に故人がこの世で使っていたお茶碗を使うのは、枕飯と呼ばれるご飯をお供えするときとなります。

Q3. 仏壇のご飯はご先祖様の数だけ用意するのですか?

A3.仏様やご先祖様は皆さんで仲良くお召し上がりになりますので、ご先祖様の数分を準備する必要はありません。

Q4. 仏壇のご飯は、真ん中にハシを立ててお供えするのですか?

A4. 仏壇にお供えするご飯の真ん中にハシを立てることはしません。ハシを立てるのは、枕飯として、故人が生前に使っていたお茶碗にご飯を山盛りにして故人の枕元にお供えする時だけです。

まとめ

仏飯をお供えすることとして最も大切なことは、ご先祖様に感謝する気持ちでお供えすることです。
毎朝、少しでも心穏やかな時間を取れるよう、時間を作っているのも良いかもしれません。

しかし、一番大切なことは、毎日ご飯を炊いてお供えすることに負担を感じて、感謝の気持ちを失ってしまうことがないよう、ご自分のペースでお供えをされることです。毎日行うことだからこそ、
無理をせずに続けることをお勧めします。

■関連記事
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5 投票, 平均: 3.40 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

位牌・仏壇の購入をご検討の方はこちら

よりそうでは、位牌・仏壇・仏具の販売を行っております。ご購入を検討の方はこちらをご覧ください。

仏壇の売れ筋ランキング

位牌の人気ランキング

初心者でも安心 はじめてのお葬式に
役立つ資料プレゼント!

  • 費用と流れ
  • 葬儀場情報
  • 喪主の役割
パンフレット一式

記事カテゴリ

お葬式費用が最大7.7万税込お得※1

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-696
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート