終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

神道の葬儀や法事・法要のマナーとは?気になる疑問点を解説!

神道の葬儀や法事・法要のマナーとは?気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月27日

神式での葬儀、法事・法要は、仏式とどのような違いがあるのでしょうか?仏式と異なり情報量も少ないため疑問を抱えている方も多く存在すると思います。

今回は「神道」での葬儀や法事・法要などについて詳しく解説している記事をまとめました。本記事を参考のうえ神道を理解し、正しいマナーを身に着けていただけますと幸いです。

仏教だけじゃない!神道のお盆の過ごし方

「お盆」と聞くと、仏教に限った儀式(先祖供養)と思われがちですが、神道にもお盆があり、とても大切な行事のうちの一つとなります。
実は、「迎え火」や「送り火」は神道が始まりとされていますので、神道においてお盆があることは当然のこととなります。

しかし、神道におけるお盆の過ごし方については、あまり知られていません。本記事では、仏教同様、神道にとっても大切な日となる、神道のお盆についてご紹介します。

神道の供養には欠かせない霊璽!作るときにはどうすればいいの?

神道で亡くなった人を供養する場合、「霊璽」を作る必要があります。仏教で「位牌」にあたるものですが、霊璽にはどのような意味があるのでしょうか。本記事では、神道で使用されている霊璽の意味や歴史についてご説明します。また、霊璽の種類や材料・記されている霊号・作成方法もご紹介しますので、参考にしてみてください。

神道のお葬式で故人を送る。神式葬儀・神葬祭の流れとマナー

一般的に行われる葬儀のほとんどが仏式形式ですが、神道(しんとう)という宗教が基となる神式葬儀(神葬祭)という形式があることを皆さんはご存知でしょうか。

日本では、神仏習合の考え方から、寺社双方が仏教と神道を融合していたり、日常ではあまり区別して考えない方も多いでしょう。しかし、神式は仏式と葬儀の意味や流れも異なります。本記事では、神道での葬儀の流れを順を追って説明していきたいと思います。

神道の戒名と言われる諡の付け方・頼み方・値段

神道は日本古来の宗教です。そのため、中国から伝来した宗教である仏教とは、死生観が異なる部分があります。
神式のお葬式と仏式のお葬式は、それぞれの死生観が形となった儀式になっています。神式のお葬式では、仏式のお葬式のように故人へ付けられる戒名がないのも、その死生観を反映することの一つといえます。

仏式の戒名と似たものは、神道にも存在するのですが、こちらは「諡(おくりな)」と呼ばれています。ただし、この諡は死後に付けられる意味合いや付け方が、戒名とは随分異なります。本記事では、諡(おくりな)の意味やその付け方等について説明します。

神道や天理教「みたまうつしの儀」を行う意味と儀式の進行

「みたまうつしの儀」と言う言葉を聞いたことありますでしょうか。
聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は、神道(しんとう)や奈良県天理市に本部神殿をおいている天理教で執り行われる儀式のことで、とても重要な儀式とされています。

元アナウンサーの小林麻央さんが亡くなられた時に、「みたまうつしの儀」という言葉が出てきましたので、なんとなく耳にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。いわゆる仏教のお通夜にあたる儀式で、神道では「遷霊祭(せんれいさい)」とも呼ばれています。本記事では、そのみたまうつしの儀について詳しくご説明していきます。

神道の影響を大きく受け継ぐ天理教。その葬儀の流れとマナー

日本にはさまざまな宗教や宗派が存在しています。宗教や宗派ごとに「死」に対する考え方が違うため、葬儀の流れやマナーにおいてそれぞれ違った特徴があります。

本記事では、奈良県天理市を本拠地とし、各地に信仰を広め活動する「天理教」の葬儀について、考え方や葬儀の流れ、マナー、香典についてご紹介します。

神道(神式)の法事法要に参加する上での注意点

仏式でいう法事・法要に当たる儀式のことを、神式では「霊祭(れいさい)」もしくは「式年祭(しきねんさい)」と言います。
故人の死後100日目までに当たる儀式のことを「霊祭」、1年目の命日以降の儀式のことを「式年祭」と言い、神社はなく自宅や墓前で行います。

本記事では神式の法事法要に参加する際の注意点などについて解説していきます。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

資料請求等で、お葬式費用が最大7.7万※1安く

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-697
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(無料会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート