終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

戒名のランク?値段相場?そもそも必要?気になる疑問点を解説!

戒名のランク?値段相場?そもそも必要?気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月27日

故人に授与される戒名には、さまざまなランクや値段の相場がありますが、普段馴染みのないものでもあり熟知されている方は少ないでしょう。そもそも故人に戒名は必要なのか?といった疑問もあることでしょう。今回は「戒名」について詳しく解説している記事をまとめました。ぜひご一読のうえご活用ください。

漢字ばかりで難しい?戒名の意味を知って故人の供養を

宗教上の呼び名として授かるもの、それが戒名です。
一般の人は死後授かることが多く、信仰して出家する時に授かるものでもあります。仏教を身近に感じることが少ないと、あまり聞きなれない単語ではないでしょうか。

この戒名についてよく知らない場合、漢字ばかりで取っつきにくく感じることもあるでしょう。

そこで、戒名について知ってみると、人に合わせて様々な戒名がつけられている理由がわかります。理由を知って戒名を身近に感じるとともに、改めて故人の供養について思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

戒名授与にかかる値段相場とランク毎の意味と選び方

人が亡くなった時に行われることとしてお葬式があります。お葬式の際に、今まで使っていた名前ではなく新たな名前を付けられているのを見たことがあると思いますが、これを戒名というのはご存知でしょうか。

人は死んだときに仏様のもとに行くとされていて、その時に生前に使っていた俗名ではなく、戒名をつけるとされています。
宗派によっては戒名ではなく法名や法号という名で呼ばれていますが、一般的なお坊さんを呼ぶようなお葬式を上げる場合には、戒名を付けることが多くなっています。

この戒名にはランクがありそれぞれ意味が違います。本記事ではランクごとの意味やどのように選べばいいのか、戒名を付けてもらうための金額の相場などについて解説していきます。

法名にランクや金額の違いは無い?法名と戒名の違い 

戒名は聞かれたことがある人も多いでしょうが、法名は聞き慣れないかもしれません法名は戒名と近しい意味合いで、浄土真宗の方にとっては戒名に値するものとなります。

仏教において浄土真宗以外の宗派の方は戒名を授かり、浄土真宗の方は法名を授かります。では、法名とはどういったものなのでしょうか?

本記事では、戒名との違いも合わせて、法名の意味や授けてもらう時のランクや金額について説明していきます。

何のためにある?料金は?戒名に関する基礎知識

もしも家族が亡くなったら、そんなことを考えたことはありませんか。
家族の誰かが亡くなったら、葬式を挙げるという方も多いでしょう。しかし、普段生活をしている中で、葬式に触れる機会は多くはなく、そのため葬式の知識について学ぶ機会もそう多くありません。

ところが、人の死は思いもよらぬタイミングで訪れるものです。全く知識がない状態で葬式に臨むのと、事前に知識を持って葬式に臨むのとでは、心持ちが変わってきます。

悲しいことですが、人間は生きていればいつかは亡くなります。いつか自分も直面するそのときのために、葬式について、本記事では特に戒名についての基本的な知識をいくつか紹介していきます。

戒名の付け方・構成要素とランク、その成り立ち

戒名は仏の世界における故人の名前のことを指しており、人が亡くなると与えられる名前とされています。この戒名はお寺にお布施として戒名料を納め、お坊さんからつけてもらうのが一般的です。

戒名料はランクによって数十万円にもなることがあるので、せっかくならば、あらかじめ戒名の重要性について知っておくのも良いでしょう。本記事では、戒名の構成や成り立ちなどについてご説明したあと、各宗派の戒名の付け方について説明していくこととします。

戒名はいらないという選択肢。戒名がなくても問題ない?

戒名とは、仏の世界における故人の名前のことを指しており、戒名を持つことで仏門に入ったということを証明することができるほか、仏教の戒律を守る証ともされているものです。

戒名は仏教において受戒した人に与えられる名前であり、日本では亡くなった人にお坊さんによって授けられることが慣習化されているほか、生前でも儀式や講習に参加することでもらうことができます。

そのような戒名ですが、戒名はいらないと考える方もいるようです。本記事では、戒名がなくても問題はないのかということを含め、戒名について解説していきます。

生前に法名を授かる!浄土真宗の帰敬式(ききょうしき)について

同じ仏教でも、儀式の種類や流れなどは宗派によって変わってきます。例えば、浄土真宗では帰敬式と呼ばれる儀式を行うのがしきたりです。

本記事では「浄土真宗の帰敬式とは何か」や「どのような流れで行われるのか」など、これから帰敬式を受けるときの方法を紹介していきます。本記事を読めば、帰敬式についてひと通り理解ができるでしょう。

位牌の文字入れと書かれた戒名・俗名の意味とは

親族が亡くなった時に仏壇などとともに位牌を準備するという家庭が多いでしょう。故人の霊が宿ると言われている位牌を作る際には、書くべき内容や文字の入れ方などきちんとしたルールがありますが、詳しく知らないという人も多くいます。

本記事では位牌に書かれた文字の意味や、作る場合のルールなどについて解説していきます。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

法事・法要のお坊さんをお探しの方はこちら

四十九日法要や年忌法要にてお坊さんをお手配します

クレジットカード払いにも対応

資料請求等で、お葬式費用が最大7.7万※1安く

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-542-880
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(無料会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート