終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

葬儀・法事で失敗しない服装マナーとは?気になる疑問点を詳しく解説!

葬儀・法事で失敗しない服装マナーとは?気になる疑問点を詳しく解説!
  • 2021年09月16日

葬儀や法事に参加する際の「服装」にはマナーがありますが、正しく把握されている方は少ないのではないのでしょうか?そこで今回は葬儀や法事に参加する際の「服装」について詳しく解説している記事をまとめました。いざとゆう時にそなえ、本記事が少しでもご参考になりますと幸いです。

野辺送りの意味と、参列する順番や服装

「野辺送り」という言葉を聞かれたことはありますか。一度や二度、耳にしたことはあるという方は多いかと思いますが、実際、どのようなものなのか正確には分からないという方が多いのではないでしょうか。

本記事では、昔の野辺送りに加え、現在の野辺送りの形についてご紹介していきます。

葬儀の服装・喪服に関する気になる疑問・質問

本記事では葬儀の服装に関する気になる、細かな疑問・質問に対して、お答えする形で紹介します。

お通夜の服装についての疑問を解消!マナーを紹介

突然訃報を受けると、どう対処したら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

しかしいつまでも「どうしよう?」と慌てふためいているわけにはいきません。知らせを受けたその日の夜にお通夜を行う場合もあるので、参加をするのであれば速やかに準備をする必要があります。

ではお通夜に参加する際にはどんな服装をすれば良いのでしょうか?
本記事では、失礼のない装いで、きちんと故人とお別れができるよう、服装のマナーについて紹介していきます。

お葬式に参列できなかった!後日の弔問マナーは?服装や香典は?

葬儀や告別式に参列できなければ、一般的にはお通夜に駆けつけます。
しかしやむを得ず、どれにも参列できなかった場合や、告別式が済んだ後に訃報を知った場合などでは、後日、ご自宅へ弔問してご遺族へお悔やみの言葉を伝え、お線香をあげさせていただくこともできます。

ただしご遺族には弔問客をおもてなしする手間や時間をかけてしまうものなので、必ず事前に電話で連絡して訪問してよいか確認することが大前提です。本記事では葬儀や告別式後に弔問する場合のマナーや服装や香典、作法についてご紹介します。

法事法要での服装のマナー/初七日から百ヶ日法要、一周忌から百五十回遠忌まで

遺族側の女性の服装は、初七日・四十九日・一周忌・三回忌までの服装と、七回忌以降に参加する際の服装とで違いがあります。 遺族側の男性の服装も、初七日・四十九日・一周忌・三回忌までの服装と、七回忌以降に参加する際の服装とで違いがあります。

一方、参列する側の女性の服装は、初七日・四十九日・一周忌くらいまでの服装と、三回忌以降に参加する際の服装とで違いがあります。参列する側の男性の服装も、女性の場合と同様に初七日・四十九日・一周忌くらいまでの服装と、三回忌以降に参加する際の服装とで違いがあります。

本記事では、法事法要の服装マナーについて詳しく解説いたします。

弔問の服装は訪問のタイミングで違う!香典やお供え物のマナー

弔問(ちょうもん)とは訃報をうけて、遺族にお悔やみをお伝えしに出向くことをいいます。

ひとことで弔問といっても、通夜・葬儀に会葬することの他、訃報を受けてお通夜前に駆けつける弔問と、葬儀や告別式に参列できずに後日、ご自宅へ伺う弔問の2つのタイミングがあります。

そのタイミングによって弔問時の服装や香典やお供え物といった持ち物が異なります。弔問はご遺族のお気持ちや事情を第一に優先して行うものですので、マナーをきちんと守ることがとても大切です。

本記事では、弔問の服装や持ち物について詳しくご紹介していきます。

黒ならOK?お葬式・法事参列で喪服礼服にあわせる靴

お通夜、葬儀・告別式などお葬式の喪服にあわせる靴は、いわゆるリクルートパンプス、リクルートシューズを思い浮かべればほぼ間違いありません。

女性は黒色のパンプス、肌の透ける黒色のストッキング、男性は黒色の内羽根でストレートチップの靴に、黒色の靴下です。
葬儀・告別式などお葬式の場面では男女とも、おしゃれさやモテ要素をいっさい排した目立たない、マナーを守ったスタイルでいることがスマートなのです。

本記事では、お通夜、葬儀・告別式などお葬式の基本と、喪服やブラックフォーマルの違いなどをおさらいし、お葬式の足元はどこまでがマナーで許されるのか詳しく説明していきます。

一般常識として知っておきたい納骨式の服装マナーいろいろ

冠婚葬祭などといった儀式というものは、一年の間に何回も回数をこなすものではありませんが、しっかりとマナーや礼儀を守らなければならないものです。

もし、マナーや礼儀を逸脱した行為を取ってしまうと、大きく恥をかいてしまいます。とくに、葬儀や納骨式といった故人の死を悼む場においては、礼儀をしっかりと守らなければなりません。

しかし、納骨式では、葬儀よりも気を抜いて参加してしまい失敗してしまうことも少なくありません。本記事では、納骨式に参加する際に必要となるマナーについて紹介します。

弔問とは?弔問の意味や服装、香典など弔問客のマナー

親しい方の訃報を受けた場合、どうしたらいいのでしょうか?
訃報は突然やってきますが、一般的にはお葬式に参列したり、お悔やみの電報(弔電)を送ったりします。また、故人との関係によっては通夜・葬儀の前に弔問に駆けつけることもあります。

本記事では弔問の意味から、どこまでの関係なら弔問するのか、マナーやタブーは?といったさまざまな知識を詳しくご紹介します。

子供の喪服・礼服マナー、お葬式や法事の服装どうする?

お通夜や葬儀・告別式などのお葬式や法事での子供の喪服は、何を着せたらいいのでしょうか。

赤ちゃんや幼児白色や水色など控えめな色がマナーです。小学生以上は制服があれば、制服が子供の礼服ですから制服を着用させます。

黒白以外の色や柄があっても気にしなくてかまいません。本記事では、大人ほど厳密ではない子供の喪服マナー、年代別に詳しくご紹介します。

礼装、喪服のマナーとは? 女性のための通夜・葬儀の服装

衷心の意味と読み方

葬儀で着る喪服に、格式があることをご存知でしょうか。
仮通夜、通夜、葬儀・告別式など、葬儀の種類や参列者の立場によって喪服の格式は異なります。特に女性は、和装・洋装、スーツやワンピースなど喪服の種類が多く、どれを着て行けばいいか、一日葬や家族葬の服装や、火葬場ではどうするかと悩む方が多くおられます。

本記事では、葬儀での女性の礼装、喪服のマナーについてくわしくご説明します。

礼装、喪服のマナーとは? 男性のための通夜・葬儀の服装

男性が通夜、葬儀・告別式で着る喪服は、故人の死を悼み、喪に服す場にふさわしい服装であることが大切です。一般参列者の喪服や持ち物は、遺族や親族に対して失礼がないものを選ばなくてはなりません。

ただし最近は、火葬式・直葬、一日葬、家族葬などのシンプルなスタイルのお葬式も広がり、服装についての自由度が高くなっています。

本記事では、通夜、葬儀に参列するときの男性の服装について、わかりやすく解説します。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

資料請求等で、お葬式費用が最大7.7万※1安く

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-585
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(無料会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート