終活の不安にワンストップでサポートします
  • 通話・相談無料
  • 24時間365日対応

葬儀・法事での失敗しない挨拶とは?正しいマナーなど気になる疑問点を解説!

葬儀・法事での失敗しない挨拶とは?正しいマナーなど気になる疑問点を解説!
  • 2021年09月21日

葬儀や法事において喪主や受付担当などは参列者に対し「挨拶」を行うことや「挨拶状」を送ることが慣例となっていますが、このような機会で挨拶などを行うことはそう経験があるものではありませんので、なかなか上手にできない方がほとんどです

この「挨拶」には、含めるべき言葉、控えるべき言葉など正しいマナーが存在します。今回は「挨拶」について詳しく解説している記事をまとめました。すぐに活用できる例文付きで紹介している記事もありますので、ぜひご一読ください。

喪主の挨拶 知っておきたい葬儀・告別式の挨拶例・文例・言葉のマナー

はじめて喪主を務めるときは、分からないことが多いものです。葬儀・告別式で喪主が挨拶をする際には、どうしたらよいのでしょうか。

基本としては、故人の冥福を祈り、別れを告げる最後の言葉として、そして遺族代表として、参列してくださった会葬者の皆さまへ、素直な感謝の気持ちを伝えます。宗教、宗派によって、また故人の意思を尊重した儀式に適した言葉を述べるということも大切です。

本記事では立場が夫、妻、子供、孫、友人知人など、喪主と故人の関係ごとに、基本的な挨拶例と文例をご紹介します。

初盆の挨拶文例

初盆(はつぼん)や新盆(あらぼん、にいぼん)の法事法要行った際、ご参列いただいた親戚や故人の友人、知人から、「御仏前」や「御佛前」「御供物料」「御提灯代」といった香典をいただきます。また、仏前にお供え物をくださる方もいらっしゃるでしょう。遺族はいただいた香典やお供えに対し、お返しを用意します。その場合、挨拶状やお礼状を添えてお贈りするのがマナーです。

本記事では、初盆のお返しに添える挨拶状やお礼状の文例についていくつか簡単にご紹介します。

準備は?挨拶は?通夜・葬儀における受付のマナー

葬儀の受付は、最初に弔問客をお迎えする大切な仕事を受け持ちます。ご遺族に代りご挨拶をし、故人を偲びお焼香をあげて頂ける様ご案内をする。そしてお香典袋をお預かりする重要な役目を担います。

受付係は会場で用意されている場合以外は、故人の孫や姪甥など、遺族以外の親族がつとめることもあれば、親しい人にお願いをする場合もあります。
本記事では、葬儀の受付を頼まれた場合の役割や心構えをわかりやすくご紹介します。

法事・法要の挨拶と例文

四十九日をはじめ、一周忌、三回忌など、故人の冥福を祈って死後一定期間に行う追善供養を法事・法要といいます。一般的に、四十九日が忌明けという区切りとされ、それ以降は年忌法要となります。

法事を行う際には、親族や親しかった友人など、参列者に対して施主がおもてなしをし、それに伴いふさわしい挨拶もしなければなりません
本記事では、法事・法要の際の心構えから、それぞれの法事でどのような挨拶をするべきかの例文まで解説します。

施主なら知っておきたい、法事・法要の挨拶と例文

法事(法要)は、故人の冥福を祈り、供養をするために行う仏教の儀式です。法事とは、もともと故人の供養のために読経等を行うのが「法要」であり、その法要の後に行われる「お斎(とき)」という食事会を含めた全体の儀式のことを指します。

ただし、現在では法事・法要を厳密な区別をせずに同じ意味の行事として扱っています。本記事では法事・法要で知っておきたい挨拶と例文をご紹介します。

喪中の挨拶のマナーを知りたい!正しい伝え方まとめ

年末年始が近づくと、新年に向けての挨拶の準備をする人が増えてきます。新年の挨拶は、喪中の場合であってもきちんとしておく必要があります。喪中の場合、新年の挨拶をされた時の対応や、年賀状が届いた場合の対応など気を付けるべきマナーがいくつかあります

また、喪中であることを知らせる時に送る挨拶状についても、内容や送るタイミングなど注意すべき点があります。本記事では、喪中の挨拶のマナーについて具体的に解説します。

命日のお参りでの贈り物や挨拶のマナー

葬儀でのお別れが終った後にも、故人を偲んで贈り物などをする人も多いのではないでしょうか。特に命日は残された人達にとって故人を弔う特別な日であり、贈り物の機会としても利用されます。

しかし、命日に贈り物をする際には贈るタイミングや留意しておくべきマナーなどが存在します。せっかくの贈り物でも、実は相手方にとって失礼にあたっていたり負担になってしまっては元も子もありません。

本記事では、命日に贈り物をする場合に失敗しない為のマナーや贈り物のタイミングをご紹介します。

直会とは?挨拶や作法・挨拶例文について

神社などで行われる祭事が終わった後、必ず行われる会に「直会(なおらい)」というものがあります。直会にも挨拶の仕方や作法というものがあるため、事前に直会のことを把握しておきましょう

では、直会とは具体的にどのようなことを行う行事なのでしょうか。本記事では直会の特徴、挨拶の例文やマナーについて詳しく解説します。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均: 5.00 / 5)
読み込み中...

記事の制作・編集株式会社よりそう

よりそうは、お葬式やお坊さんのお手配、仏壇・仏具の販売など、お客さまの理想の旅立ちをサポートする会社です。

運営会社についてはこちら

※提供情報の真実性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。特に宗教や地域ごとの習慣によって考え方や対応方法が異なることがございます。

お葬式の準備がまだの方

資料請求等で、お葬式費用が最大7.7万※1安く

無料相談ダイヤル

スタッフ接客満足度No1※2

些細と思われることでもお気軽にお電話ください

0120-541-585
  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ●※1 資料請求(無料会員登録)+事前・式後アンケート割引適用額
  • ●※2 2019年 葬儀手配サービス調査より 調査協力:(株)クロス・マーケティング

詳しい資料をお届け

お葬式プランや流れの詳細、近隣の葬儀場情報

ご家族とのご検討でご利用ください

資料を請求する無料かんたん入力45秒

  • 同時に会員登録され、3つの割引制度【最大7.7万円(税込)引き】を利用できます。

お葬式の準備をする

事前準備を行っておくと、万が一の際に慌てず安心で、さらに費用を抑えられます。

【5つの会員特典】よりそう会員(無料)になる

  • 1最大7.7万円割引(税込)
  • 2お葬式の詳細がわかる詳しい資料
  • 3近隣の葬儀場情報
  • 4初めての喪主ガイド
  • 5エンディングノート