顧客満足度No.1自社調べ

  • 無料相談ダイヤル
  • 24時間365日対応

新潟県の葬儀場を探す

新潟県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

新潟県での葬儀の風習・事情

出棺の風習

葬儀の際は地域によって様々な儀式が行われていますが、新潟県の農村部では故人のあの世での厚遇を願う「放生」という風習があります。この「放生」とは、出棺の際に籠の中に捕らえられた鳥を空に放したり、川や池に魚を逃がしたりする儀式のことです。捕まえた生き物を放すことで、生き物を助けるという意味があります。つまり、善行を行って故人に徳を積ませることで、あの世で故人が厚遇されて過ごしやすくなるようにという遺族の願いが込められています。

葬儀の風習

新潟県の一部の地域では、火葬が終わるまでは白いろうそく、火葬後の法要からは赤いろうそくを使用する風習があります。そもそも葬式などの弔事では、黒や白のろうそくを使用することが当たり前となっています。したがって、慶事を表す赤いろうそくを使うのは不思議に感じることでしょう。赤いろうそくを使う理由は、世俗の垢にまみれたこの世から故人が仏様になったことがおめでたいからという説、葬儀が無事に終わり日常に戻れるからなど諸説あります。

参列者の方が気をつけたい葬儀マナー

新潟県の中でも柏崎などの一部地域では、通夜で香典を出す際に紅白の水引でお見舞いと表書きされた袋を用いる風習があります。これは、入院中にお見舞いに行けずに申し訳なかったと詫びる気持ちが込められています。お見舞いに行けなかった方が、通夜の席でお見舞金を渡すという意味があるのです。一般的に紅白の水引といえば結婚や出産祝いなどの慶事に使われるので、事情を知らない地域の人がびっくりするような風習です。地元では常識なので、昔は他県の葬儀に出席した際に紅白の水引で香典を出してしまう人もいたそうです。

新潟県の葬儀場情報

新潟県の火葬場情報

新潟県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-541-697

  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました