顧客満足度No.1自社調べ

  • 無料相談ダイヤル
  • 24時間365日対応

鹿児島県の葬儀場を探す

鹿児島県の葬儀場(斎場/式場)・火葬場を、地域・エリア別にご案内いたします。

鹿児島県での葬儀の風習・事情

葬儀の流れ

鹿児島県では、故人が出棺される前に故人と共にとる最後の食事のことを「別れ飯」と呼びます。県北部の一部地域では、こうした「別れ飯」を通夜の参列者にも振る舞っています。しかし、時代の変遷に伴い葬儀の事情も変化し、現在では火葬場で食事をとることが増えています。それにより「別れ飯」を省略することも多くなっているようです。また、県の南地方では棺に納める故人のご遺体に焼酎を少しふりかけることもあるようで、これを「別れの杯」と呼びます。

喪主・親族が気をつけたい葬儀マナー

鹿児島県には白い「いろ」を身に着けるという葬儀マナーがあります。県郊外の葬儀では、出棺の際に棺を担ぐ人は「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけます。この「いろ」は死装束の一部だと考えられ、それを身に着けることで故人を死出の旅の途中まで見送る、という意味が込められています。遺族が「いろ」を被ったり、葬儀の参列者全員が「いろ」を身に着けたりすることもあるようです。また、「いろ」は葬儀を終え家に入る前に垣根や扉の外にくくりつけます。そうすることで、家の中に忌事を入れないようにするのです。

葬儀の風習

亡くなった方の枕元に置くご飯のことを「いっぱい飯」あるいは「一膳飯」と呼び、このご飯と共にお団子やお水がお供えされます。この「いっぱい飯」や「一膳飯」は、生前故人が使用していたお茶碗にご飯をてんこ盛りによそい、その真ん中にお箸を一本だけ立てるのが一般的とされています。しかし、鹿児島県には「いっぱい飯」にお箸を2本立てる風習があります。また、この時のご飯を「じつの飯」と呼ぶのですが、これは故人が亡くなってすぐに焚くご飯、つまり「直(じき)」の飯であることが由来とされています。県の一部地域では、「じつの飯」と共にお味噌汁をお供えすることもあるようです。

鹿児島県の葬儀場情報

鹿児島県の火葬場情報

鹿児島県のお葬式事例

早めの資料請求・ご相談でお葬式費用が最大60,000円税抜安く

※資料請求(事前割申込)+
事前・式後アンケート回答の方

無料相談ダイヤルスタッフ
接客満足度No.1

些細なことでもお気軽にお電話ください

0120-542-880

  • 24時間365日対応
  • 通話・相談無料
  • ※2019年 葬儀手配サービス調査より
    調査協力: 株式会社クロス・マーケティング
  • 緊急の方はこちら

まずは資料請求簡単45秒で入力

費用や流れをわかりやすくご案内します

資料請求する(無料)

かんたん入力45秒
NHKなどのメディアで紹介されました